大友克洋GENGA展に行ってきました。


なんと先行プレビューに行ける事になったので、会期前の展示&新作ショートムービーを見に行ってきました。

思えば今年の1月24日にマンガ「童夢」をこのblogで紹介し、その二日後にいきなりGENGA展の情報が解禁され、テンションは上がりっ放しでした。

改めて「AKIRA」を読み返し、他の短編集達も読み返しテンションキープ。

初めて「芸術新潮」たる雑誌を購入。あれだけ細かく分析されている大友克洋記事は初めてよみました。
さらに書き下ろしのSFマンガも掲載されているという豪華な内容で、約1500円という価格は忘れました。

その後に発売された「BRUTUS」の『大友克洋、再起動。』がステッカー付きだったという事で、人生で初めて雑誌を"二個買い"した事によりさらにテンションは上がっていきました。

記事には大友克洋新連載マンガについての詳細もでていました。

そしてBRUTUSを二個買いした日に来た、先行プレビュー招待の連絡。
いやー上がりましたね。

そして先程

正直、会期中のチケットは買っていたのですが、今日行けて良かったー!!今日のプレビューで会場内の様子が分かったので、今度行くときはもっと深くゆっくり観ます。はい。

AKIRAの原画を観ているほとんどのファン達は、みんなため息ついてました。圧巻って事で。
AKIRA以外の作品も非常に感動もので、特にカラー原稿の色彩が半端無いです。
あれはPOP ARTですね。シルクスクリーンなんかでやってもらえたら絶対買いますね。

展示の一番奥には写真撮影OKのスペースがあります。

”どーん”

もう定番ですね。しかもまたがって写真撮影なんかも出来ちゃいます。

スイマセン、見知らぬ女性ですがスゴく決まっていたので勝手に載せちゃいました。サングラスかけてるしヘーキだよね・・・

そして、好きな人にしか分からないコレ。

が再現されているこの壁


*内記がはしゃぎました。実物は行って確認してください。(写真を加工してあります。)

そして何よりGOODS販売がされていたって事。先行なんで売ってないと思ってたので手持ちがあまり無く、とりあえずポスターが超絶かっこよかったので3種類全て買いました。
額装してどこかにかざりまーす。中身は会場で確認してください!スゲー目から鱗モノのポスターですよ!

あ、カタログも非常に豪華な内容でびびりました。

ま、今度チケットも押さえているので改めてゆっくり観覧します。

*******************************************************************************
会場:3331 Arts Chiyoda

会期:2012年4月9日(月)~5月30日(水)

開館時間:[平日] 11:30~20:00 / [土日祝] 10:30~20:00(平日、土日祝ともに完全予約制)

休館日:第3火曜日(4/17、5/15)

入場料:大人1,500円  学生(高校生、大学生、専門学校生)800円  中学生500円
小学生以下は保護者同伴で入場無料。

※宮城県出身である大友克洋の意向により、東日本大震災復興のために入場料の一部を寄付する。

via 大友克洋GENGA展オフィシャルサイト http://otomo-gengaten.jp/

*******************************************************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。