フジロック三日目


帰りの新幹線からこんにちは。無事帰り道です。

さて終了してしまったフジロックですが、3日目もほぼ雨は降らず、一回も雨具を使わなかったのは初めてですね!
誰かが言っていました、12年ぶりに雨が降らなかったなんて伝説だねって
へーそうなんだーっと

さて3日目最初もフィールドオブヘブンからスタート。
お目当ては昨年のルーキー ア ゴーゴー(フジロック内若手バンドオーディション企画)の覇者
cero(セロ)です!
このバンドは大好きなレーベル カクバリズム所属アーティストで、しかもメンバーのご親戚の方がたまたまお客様で、っていうひょんな事がきっかけでチェックしたら、スゲー良かった、ありがとうございました(Iさん!)って感じです。
ヘブンのピースな雰囲気にピッタリでした!

その次はグリーンステージでtoeです。
なんだかフジロックでしかほぼ観た事ないですが、ドンドン激しさが増してますね。はい。
ドラムの柏倉さんはreachというバンド時代からライブを観ていますが、ほんっとにかっこいいドラムを叩きます。やべー

20120730-115943.jpg

20120730-115954.jpg

20120730-120008.jpg

20120730-120027.jpg

20120730-120039.jpg

20120730-120051.jpg

また例のように苗場温泉に行き夜に備えます。夕方五時前くらいから外が涼しくなってきて、テント横にマットを敷いてしばしマッタリ。こーゆー時間がいいんですよね。ずっとステージ近辺にいても疲れちゃうからね!

さて、後半はレッドマーキーでJames Ihaからです。
なんだかJames Ihaに関してはちょっと拍子抜け感がありました。
バンドもちょっと調整不足な感じがして、3~4曲は演奏始まりですやり直したり、新作が出たばかりなのはわかりますが、ほぼ新作からのセットリストで、スマパンの曲やった瞬間が一番盛り上がってました。

その後は楽しみにしていた、Refused。このバンドはスウェーデンのハードコアバンドです。
ライブはキレッキレで、動き回るし、演奏もCDで聴いているかの様な巧さ。ファッションも紳士的で、圧巻でした。
いやー気持ちよかったー!!

その後、このバンドのおかげでチケットが完売したといっても過言では無い、今年の真打ち。
redioheadです。

グリーンステージ内は観た事も無い様なパンパンさ。
だいたい日曜日のトリの時間、ステージ後方ウォークロードは帰る人で山盛りになるのですが、ほぼみんなで観ている感じです。スゲー
自分は普段はあまりレディオヘッドは聴きません。暗くなるから。
けど、前々回のフジロックっでトムヨークだけで出演していた時にわかりました。
あ、この人達はライブバンドだ!って
トムヨークを筆頭にこのバンドは多彩ですね。ステージの演出もすごいわ、楽器が次々と色々出てきて、みんな色んな演奏をします。激しかったり、静かだったり。もう感動ですね。

変な話、この音楽は一般的に好かれる音楽じゃ無いと思いますが、あれだけの人が熱狂するだけの何かフックがあるんだろうなって実感しました。

これにて内記のフジロックは終了です。

ご苦労様でした。もしこのブログでフジロックの事が気になったお客さんは、気軽に相談下さい!来年は苗場で乾杯出来ると良いですねー

あーしんど・・・・

20120730-121415.jpg

20120730-121428.jpg

20120730-121439.jpg

20120730-121453.jpg

20120730-121502.jpg

20120730-121557.jpg

20120730-121615.jpg

20120730-121625.jpg

20120730-121635.jpg

20120730-121648.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。