最近のアメリカ文化


自分はアメリカにはハワイとグアムしか行った事が無いですが ココ1~2年でネットや雑誌、本からアメリカの新しい文化をビンビン感じてます。

分かりやすいのでいえばpopeyeのポートランド特集、NY特集等々。
ファッション方面でも90’sリバイバルで昔のスニーカー、スタイルが見直されていていますね
昔憧れていた事が今だと買えちゃったりしますからね

女性誌だとサロンでも定期購読しているGINZAですね。
2014年11月号は表紙からアラーキーが満島ひかりを撮っていてぶったまげますが
僕の注目は別冊付録の「Old New NEW YoRK」であります。
image1
中のリード文でクレジットされている佐久間裕美子さんが恐らく全体の監修をしていると思われます。

内容としてはサードウェーブコーヒー、食の地産地消、コミニティという内容でNYのショップ等が紹介されています。
この付録ではほんのさわり程度の紹介ですが
上記の佐久間裕美子さんの著書にかなり詳しく紹介されています。
たまたま気になって最近読んだ事もあって、やはりこの流れは入ってきてるなと感じてしまいます。

「ヒップな生活革命」

IMG_4350
アメリカからのなんとなーくなオシャレな文化のバックボーン、流れを分かりやすく解説。
全員ではないだろうけど、感度高めのアメリカ人はファットでジャンクじゃないって事ですね。
美味しいコーヒーを飲んで、地産地消にこだわったレストランに行き、大量消費の物ではなく、作り手の分かる物を買い、余計な物を買わず、自転車に乗り、家に帰ればレコードで音楽を聴き、自分で物を作りネットで販売し、身近な仲間でzineを回し、

といった文化で面白い訳です。

別にアメリカ文化じゃなくてチャリ乗るし、レコードも聴くけどって感じですが、この本ではテロやリーマンショック以降の若者からこれらの文化が発祥してきた事が詳しく日本人によって解説されているのです。

非常に面白いのでオススメです!

一応Amazonのリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。