フジロック2018回想



2018年のフジロックから帰ってきて一ヶ月 だいたいその年の2月にチケットの早割のアナウンスがあるので
一年のだいたい半年くらいフジロックの事を考えている
2−3月に第一弾のアーティスト発表があって 苗場プリンスホテルの抽選予約とか
4-5月には半数くらいのアーティストが発表されて
7月入ったらだいたい仕事中のBGMはフジロック関連のアーティストしばりになる

今年は前夜祭からのフル参戦で 5日間は苗場にいたわけで

長男が産まれた年だけ除けば 10数年はそんな生活を繰り返していて

だいたい来場者は1日4万人前後 のべ12万人前後の動員 って考えると
恐らく自分の主観だけど日本中に1.5万人くらいはそうやって一年の半分をフジロックのことを考えている
いわゆるフジロッカーはいるんじゃないかなーと感じますね

なんでそんなに魅了されているのかの答えはでないけど
↑の写真なんかは非常に最高な瞬間かなーと思います。

あんなにデカイ空間で あの時はサカナクションがライブをしてて
自然の中 最高の夕日 まさにマジックアワー エリアの一番後ろ 子連れ満載のプライオリティテント付近でも
踊っている人もいて 自分はサカナクションほぼ聴いてない人なのに 評判通り最高のライブ
好きな人に聴くとセットリストも良かったとのこと  初見でも上がる瞬間

今年なんかボブディランが出演した事もあって 子連れからおじいちゃんおばあちゃんくらいの方まで
まさに老若男女 僕のお客さんにも多々いらっしゃる 音楽好きなのに 私生活で話題を共有できずに悶々としている
隠れ音楽好きが 隠れずに堂々と自分の好きな音楽を浴びている空間
主催者を信頼しているので 必ず新しい発見があるイベント

マナー モラルの事を普段以上に考える瞬間 ゴミの分別 列に並ぶ お酒を飲む 小さな子どもが多い 
外国人もすげーいる 時間を気にする 時間を気にしない 水が冷たい トイレが混む 雨が降る 風が強い 林の中を歩く
芸能人有名人が比較的多い 変な格好している人がいる 芝生で横になる 川に入る 虫がいる 

とか色んな要素が凝縮していて そんなサブカルチャーの集合体みたいなコミニティの中で 
絶対的に信頼できるアーティストがライブを1時間半くらいやるって 半端ないですね

(こないだ聞いてびっくりしたのが ロッキンジャパンフェスってだいたい各バンド3-40分なんですね みじかっ!!)

個人的なベストアクトはVampire Weekendですかね ディランの後に 今年のフジロックを締めくくるように爽やかなライブ
と、ディランの前のジャックジョンソンもベストな選曲で最高でした。
ジャックジョンソンのライブが始まった瞬間は キッズランドにいて あまりの選曲の良さに 遊んでいる息子をじょじょにグリーンステージに戻す作戦を45分くらい敢行し 折り返しくらいからはちゃんと見れました これも子連れならではですが
あんな多幸感のあるライブ久々ですね 

今年は苗場プリンスホテルに4泊というフジロッカーにカースト制があれば
上位に君臨するであろう高待遇を自分で導き出して(抽選なんで運デスネ)最高のコンディションで楽しめました。
苗プリに泊まっても疲れますけどね・・・

んで今回久々に前夜祭も参加してきて 前夜祭の半分は盆踊りなんで やぐら周辺に集まって 途中抽選会があるんですが
そこでなんと「苗場プリンスホテル宿泊券&ドラゴンドラ乗車券」をGET!するという快挙で
とことんフジロックを満喫 やぐらの上に呼ばれて 自己紹介して みんなからのあったかい拍手に包まれるっていう
最高の前夜祭を過ごし その後 レッドマーキーの恒例ライブをすこーし堪能して部屋に戻りました。

いろんな事が起きますね

と、こんな感じで また来年のお楽しみっつう事で

今年は初めて10月に開催される朝霧ジャムにも参加する所存ですので お客さんにはまた少し迷惑をかけますm(_ _)m

よろしくお願いします
kasane 内記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。