沖縄の砂 Okinawa sand



近所に住む外国人の友人がくれた砂。

彼は沖縄に行っていたみたい。砂のお土産なんて初めてだけど嬉しかった。

同時に引っ越す事を伝えられた。

彼は少し寂しそうだったけど、聞いたら意外と近所だった。

東京にずっと住んでいる僕からしたら近所だけど、彼の感覚だときっと違うんだろう。

「また切りに来るよ!」

そう言って帰っていった。

「オフコース!!」

最近は僕にわかるように、すごくゆっくり話してくれる。そんな優しい彼の設計する建物はどんなだろう。

THANK YOU D !!!

 

Sand foreign friends gave me. Live in the neighborhood.
He got it to go to Okinawa.
Sand was the first gift. Happy.

Was reported that move.

But he was a little lonely, was unexpectedly asked neighbors.

Once it from my neighborhood I live long in Tokyo, but his senses and probably will be different.

"I come again!"

Went back to say so.

"Off course!"

As you can see me recently, who spoke very slowly. He designed such buildingswould be any kind.

Translated by Google. Sorry if the grammar is wrong.

2 Comments

  1. Hello there. My name is Phuong, Derek’s girlfriend. I have heard a lot about you, and glad to see that you put the Okinawa sand to a good use. He gave me a tiny bottle but gave you such a big one. hehe. The flowers are pretty. I hope you like the candies my grandma made too. =]

    1. Hello!!
      Thank you for your comment.
      I was surprised!!
      For me It was a bottle of Evian.
      The grandmother’s candy was really delicious!!!!
      It can be commercialized in Japan!
      Phuong will have a chance to come to Japan
      Come play in the salon! !

      thank you!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。