2014年9月 フィルムを久々に

head

フィルムで撮る事

2014年も9月になりました。個人的に8月は第一子誕生と大きなイベントがあり、父親になる前と、なった後を写真に撮っている感じでした。
度々言葉にしていますが自分がカメラを持つきっかけはまぎれも無く父親の影響でした。
自分の幼いときはもちろんフィルムです。結婚した時に自分に子どもができたらフィルムで写真を残してあげようと思っていたので
今夏はフィルム多めになりました。
久々NIKONのFM2です。これは自分が写真の撮り方?というよりカメラの使い方を覚えた機種です。(実際はFMだったけど)
写真の撮り方はまだ模索中ですね。

フィルムで撮る事で良かった事はまず、一枚一枚思い入れが違うって事。感光した瞬間に決まります。
その場で確認できません。一枚あたりで計算しても数十円。これはデジタルと全く違いますね。
その御陰で無駄に撮りません。
roku026
それとデジタルにスキャンした時の質感が良いのです。
最近はinstagramを筆頭にアナログ風写真が多いですが フィルムからスキャンすると質感は完璧アナログです。ザラツキ。今回はISO400のカラーネガ中心です。
roku030
使い捨てカメラも使いました。先日blogでも紹介した、ILFORDの使い捨てです。
白黒のネガISO400でコントラスト強めの固めの仕上がり。
roku055
roku057
ギラギラの夜景とか新宿とかを森山大道的スナップに向いているかもですね。こーやって現像にださないと結果が分からないので 次回からはもう少し巧く撮れそうです。 室内ではフラッシュないと無理ですね・・・リベンジします。
またカラーネガに戻ります。
今回はフジのSUPERIA X-TRA 400 とLomography Color Negative 400を
現像先でかるーいスキャンデータもつけてもらったんですが、自分でスキャンしたら差が歴然。フジの方がかなり彩度がキレイですね。lomoは安いだけあって、しかも古いのかなー
赤みが強くてうすーい仕上がりでした。同じシステムでスキャンしてるので差が分かりやすい。
って事でlomoの方は一括でPhotoshopの「自動カラー補正」一発でズバっときまります。便利。
現像屋さんもこの行程をオートでやってんのかなって仕上がり。
roku065roku077
デジタルだったら一回確認して↑の空の写真は露出下げてもっと空の色を出したいのですが、そうもいきません。この辺も次回リベンジです。
roku127
roku140
roku149
今回現像をお願いしたのがトイラボってサイトです。ここはフィルムを現像するだけの現像所、所謂同時プリントっていう紙にプリントする事はしないトコです。
そこが現代的だなと フィルムを現像してデジタルデータにスキャンしてくれる そのスキャンデータのサイズに合わせて1本500〜2000円くらいの幅があります。自分はフィルムスキャナーがあるから最安でお願いしてます。

たまにはフィルムも是非に。