GEZAN


GEZAN
「GEZAN」
「十三月」
「マヒトゥ・ザ・ピーポー」
「全感覚祭」

これ全てGEZANってバンドの関連キーワードなんですが 目についても なーんとなくアクが強そうで
自分が好き好んで聴く人たちじゃないなーって思って敬遠していた訳で その事自体がでっかい後悔なんですよね

先週なーんとなく聞いてみようと思って最新アルバム「Silence Will Speak」を聴いてみたのですが
一発でヤラレました すっげーカッコいい 確かにアクが強くて 万人好かれるバンドではないのは想像通りでしたが
自分がここまで一瞬でハマったバンドも久々です。
これがアルバム1曲目に収録されている曲のライブ 全感覚祭ってのはどうやらGEZANが主催するかなりDIYなフェスみたい

いやーヤバイですね。

最初聞いた時 きっとこの人たちは90年代後半のメロコア(スナッフィースマイル系とか)も通りつつの人たちかなと 勝手に妄想してたんですが このバンドのフロントマン マヒトゥ・ザ・ピーポーはそんな事では括れない かなりピュアで想像力が爆発している ソングライターなんだなと 独特なメロディーセンスもクセになります。

また前途の最新アルバム「Silence Will Speak」はアメリカツアー中に御大スティーブアルビニによってレコーディングされたそう
つうか過去作も聞いたんですが もちろんかっこいい曲はあるんですが 「Silence Will Speak」の完成度は本当にすごいと思います。

今年のフジロック2019にも出演が決まっているので いまから楽しみです。
もちろんフェスならではのゲストアーティストも期待していて この曲なんてフェスならではのアンセムじゃないでしょうか

こんなマイクリレー見れたらちびります。

昨年に行った友人も最高だった言っている全感覚祭もちょっと行ってみたいと思ったんですが 今年は朝霧JAMと日程が被っているようで おそらく朝霧に行く予定なので とりあえずフジロックでお初にお目にかかろうかなと思っています。

またVo.のマヒトゥ・ザ・ピーポーのソロ作もGEZANとは違ってアコースティックな作品なんですが これもまた良くて やっぱり独特なメロディーと圧倒的な世界観のある楽曲はかっこいいのです
アルバムの中では異質なそんざいかもしれないですが この「HOLY DAY」って曲
PVがこれがまた素晴らしいのです。

それからどうやら幻冬舎からVo.マヒトゥ・ザ・ピーポーが小説を出すそうです。すげーな
https://www.gentosha.jp/article/12742/

さらにアメリカツアーの模様がドキュメンタリー映画として公開されるみたいです。すげーな
http://gezan-film.com

と久々の衝動的blog とにかくフジロックのGEZANが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。