SUPER SIZE ME 2(スーパーサイズミー2)

blog映画

Written by:


先日いつものようにプライムビデオでドキュメンタリー映画を探していたら見つけちゃいました。

「Super Size Me 2」

これの前作「Super Size Me」は2004年?2005年?公開当初映画館で観ました。あれは懐かしのシネマライズで
前作の内容からさらっと確認すると
朝昼晩三食全てマクドナルドにして1ヶ月生活してみると
体がどうなってしまうのかってのを モーガン スパーロック監督自らが体を張って挑戦します。
1週間毎にヘルスチェックをして 経過観察をします。
この内容を コミカルにポップに描いたドキュメンタリー映画です。
当時の監督のインタビューで マイケルムーアの映画(恐らく「ボーリングフォーコロンバイン」これもおすすめ!)
を観て 自分も撮ってみたいと思ったそうで マイケルムーアよろしくな明るいテンポで映画は構成されています。

この時点で気になったら前作「Super Size Me」をまず観てみることをおすすめします。
そんなファーストフード業界を完全に敵に回した監督が15年振りに ファーストフードをテーマに映画を撮っているので
面白くないはずはありません。

と早速観てみました。

今回はチキンです。
マクドナルドを敵に回した監督が 今回はチキンサンドのお店を開店するまでの道のりが描かれています。

敵だらけの業界につっこんでいくわけで なかなか上手く進みません。
物件選び 農場探し PRなどなど

まー恐らく相当取材して 業界の闇を分かり尽くした上で そこにつっこんでいったんだと思うのだけど
かなり闇の多いアメリカのチキン業界。
ここ数年でガイアの夜明けで取り上げられている 日本のJA(ホクレン)と酪農家の関係にスゴく似ているなと感じました。
さらにブロイラー(鶏)の育ち方も 以前紹介しているドキュメンタリー映画「Food Inc.」で描かれているブロイラーの様子を 事細かく紹介されています。
さらに色々な食品をとりまくPR文についても触れていて
如何に利益重視で食物が生産されていて 消費されているかが非常に分かりやすく描かれています。

これらのドキュメンタリーを観て マックやKFCに行かなくなったかというと 実際は行ってますし 好きですが・・・

興味の矛先として 食生活に関しての考え方が少しでも変われば良いのかなと思っています。

2020/10/14現在ふたつともPrimeVideoにはあるのでリンク貼っておきます。

スーパーサイズ・ミー2:ホーリーチキン !
スーパーサイズ・ミー

ついでにこっちも「フード インク

Comments are closed.